理想の家族を作るために

妊婦

子供の性別を選ぶ

生まれてくる子供の性別を希望する人は意外に多い。そのために産み分けという考え方がある。産み分け法と呼ばれるものをすべて実践して約7割成功するとも言われているが、正式なデータはない。クリニックや専門家のサポートを受けても100%成功するということはないようだ。産み分けにはいくつかのメリットがある。まずは育てたい性別が選べることだ。過去には後継のために男の子が望まれたこともあるが、現在では「育てやすそうだから女の子」や「女ばっかりだから男」など、両親の好みが反映されることが多いようだ。遺伝性の病気を回避できるケースもある。両親のどちらかが保因者または発病者である場合、どちらかの性別では発病を抑えられるケースもある。子供の将来のために、産む時に性別を選ぶことは大切なのかもしれない。産み分けにはいくつか方法がある。排卵のタイミングと精子の性質を利用したタイミング法では、成功率はおよそ半分。潤滑ゼリー法は、X精子(女の子)、Y精子(男の子)の性質をもとに、潤滑ゼリーを利用し膣内の分泌液のpH(ペーハー)をコントロールする方法。こちらも確率はおよそ半分。X精子とY精子の重さの違いを利用したパーコール法。分離試薬に精子を重層し、遠心分離させると、そこに沈んだ精子はX精子の割合が高くなる。選別されたX精子を使うと女の子が産まれる確率が高くなるという。成功確率はおよそ6割。どの産み分け法も100%と希望する性別を選べるわけではない。産み分け法を用いたのに結果違う性別の子が産まれることもある。だが、その子供も大切な我が子には違いないのだ。性別にとらわれず大切に育ててほしい。

Copyright© 2018 葉酸サプリの重要性【赤ちゃんが一生涯を背負うリスクを減少させる】 All Rights Reserved.