排卵日を特定する方法

カウンセリング

妊娠するための手段

人間は動物の中でも妊娠率が低いと言われています。排卵日を特定したとしても着床する確率は約20%程度です。生理の大体2週間前に排卵が起こると言われているので、生理周期が整っていればある程度排卵日を特定させることができます。しかし、生理不順の場合は排卵日を特定することが難しいので排卵検査薬を導入してみることをおすすめします。排卵検査薬の使用方法は妊娠検査薬と同様です。スティックタイプのものが多いのですが、尿をスティックの先端部分に付けて調べます。排卵日前になると分泌される成分をキャッチして排卵日を特定させます。終了線よりも若干薄い線や同等の濃さの線の場合は陽性と判断します。約24時間から48時間以内に排卵の可能性があります。排卵検査薬の種類によって判断の仕方が多少異なりますが、終了線よりも濃い陽性ラインが出た場合は約12時間から24時間以内に排卵される可能性が高いのでタイミングを計ってみてください。排卵検査薬だけではなく日頃から基礎体温を測っておくと更に排卵日を特定しやすくなります。精子の寿命が大体2日から3日とされているので排卵検査薬を使用した場合、薄い陽性がでてから陰性になるまで1日おき程度にタイミングを取ると排卵日に子宮に精子が待ち構えている状態になりますので受精しやすい傾向が強いのです。排卵日を気にしなくても週に2〜3日程度タイミングを取っていれば妊娠する可能性が更に高まります。

Copyright© 2018 葉酸サプリの重要性【赤ちゃんが一生涯を背負うリスクを減少させる】 All Rights Reserved.